クナイプの歴史
クナイプの歴史

会社の歴史

クナイプ®ブランドのルーツは19世紀にさかのぼります。水医であり薬草学者であったセバスチャン・クナイプ自身が、ブランドの創設に携わりました。しかも、130年以上も前のことです。1891年2月25日、彼は会社の歴史の始まりとなる契約書にサインしました。クナイプの目標は、自然療法研究のライフワークを責任ある手に委ね、数十年にわたる研究で得た知識の継続を保証することでした。

そして、私たちはクナイプ®ブランドの130年以上の歴史と、セバスチャン・クナイプの200歳の誕生日を祝うことができたのです。

1890

セバスチャン・クナイプは、ヴュルツブルクの薬剤師レオンハルト・オーバーホイザーと出会いました。自然療法で善をなすという共通の信念を持つ二人は、親密なパートナーであり、良き友人となりました。そして、天然植物エッセンスやその他の純粋な原料をもとに、今日のクナイプ製品の原点となる処方を作り上げました。

クナイプ®ブランドの誕生

1891-1897

1891年、セバスチャン・クナイプは、「セバスチャン・クナイプ牧師」の名前とイメージを使って医薬品、化粧品、健康食品を開発、製造、販売する独占権を、全世界、すべての期間にわたって付与し、生涯にわたる研究の遺産を友人であり戦友でもあったレオンハルト・オーバーホイザーの手に託しました。

この契約により、2人はクナイプ®ブランドの基礎を築いたのです。

その後、1897年まで、さらに確認と拡大のための宣言と契約が続きます。クナイプとオーバーホイザーは、「クナイプ-ミッテル-ツェントラーレ」の最初の製品で、すぐに成功を納めます。この「クナイプ錠剤」は、フランケン地方のヴュルツブルクにあるエンゲル薬局の顧客に好評でした。 そして、この珍しい「新興企業」の製品群が、わずかな時間で多くの製品に拡大したのは当然のことだったのです。

それ以来、クナイプ神父の肖像が、お茶、植物ジュース、植物パウダー、さまざまなチンキ剤、油性エキス、いわゆる「特製品」のパッケージを飾り、その背後には調合された医薬品が隠されるようになりました。ローズマリー酒、胃もたれ、鼓腸に効果的なフラツールなど、クナイプ・センターの他の自社開発品と同様に、それらはすぐにオーバーヘイサーのカウンターで買えるようになっただけでなく、ドイツ中の顧客に送られるようになったのです。

1897-1919

1897年6月17日のセバスチャン・クナイプの死は、長年にわたる緊密な意見交換と共同開発製品の集中的なテストを経て、彼の同僚であるオーバーホイザーにとって大きな転機となりました。


諦めるか、それとも先に進むか?

レオンハルト・オーバーホイザーにとって、この喪失感は問題ではなく、その後も彼は断固として製品の開発と販売を継続し、製品が国境を越えて知られることに貢献しました。

長年の経験に加え、彼の創造性も生かされ、「小さなクナイプ家庭薬」のようなアイデアも生まれました。クナイプが主著『Meine Wasserkur(私の水療法)』で家庭療法をまとめたのに続き、ヴュルツブルクの薬剤師はその中から最も重要な療法を組み合わせて大要として販売し、場合によっては特製の薬箱と印刷された説明書まで付属させたのです。


世紀末にクナイプセンターが文字通り繁栄するのを助けたのは医薬品だけではありませんでした。生前、ボディケアの重要性を繰り返し雄弁に指摘していた同名の人物の精神に倣い、そのラインナップには、たとえば、頭皮と髪のケアのためのさまざまなハーブ石鹸や特別なイラクサヘアトニックなどがすでに含まれていました。 1913 年、レオンハルト・オーバーホイザーは、ヴュルツブルク エンゲル薬局に加えて、繁栄し広く尊敬されていた事業を息子のヘルマンに引き継ぐことができました。そして息子は父親が中断したところからそのまま続けたのです。

後者の健康を維持するために、体の皮膚をケアする必要があるのです。

セバスチャン・クナイプ
Sebastian Kneipp

1913-1945

ヘルマンの指揮の下、次の重要な段階が始まりました。1906 年から 1935 年まで「オーバーホイッサー & ランダウアー、クナイプ・ハウス・セントラーレ」と呼ばれていたこの会社は、第一次世界大戦の終結後にやるべきことがあまりにも多かったので、エンゲル・アポテーケの敷地では、製品の生産と流通にはもはや十分ではありませんでした。もっとスペースが必要だったのです。ヘルマンはついにヴュルツブルクのルートヴィヒ通りに良い場所を見つけ、の市立劇場の斜め向かいの 9 番地に、最初の自社事業所が入居しました。この激動の時代における勇気ある決断、そして完全に正しい決断でした。そこで製造された製品は非常に人気があったため、オーバーホイザーは 1920 年以降、他の薬局にも製品の供給を始めました。

冷却効果のある軟膏、泌尿器系の不調に効く利尿作用のあるハーブパウダー、胃や腸を丈夫にするオリジナルのお茶「クナイプ・ヴュールフーバー」など、生産と流通が盛んに行われていました。



しかし、ヒトラーの恐怖政治が引き起こした第二次世界大戦によって、このような良いことは突然に終わりを告げます。1945年3月16日、壊滅的な空襲によってヴュルツブルクの大部分が破壊され、悲しいクライマックスが訪れたのです。この大惨事の夜、約5,000人が命を落とし、ヴュルツブルクの歴史的な旧市街の90パーセントが破壊されました。現在「クナイプ・ミッテル・ツェントラーレ」として知られるルートヴィヒ通りには、会社の跡はほとんど残っていませんでした。

1945-1951

1945年3月の第二次世界大戦終結直前の夜間爆撃と、その結果、ヴュルツブルクがほぼ完全に破壊された後、同社はヴュルツブルク酢工場の敷地内に一時的に収容されました。

同時に、市場広場にあった破壊されたエンゲル薬局を再建しなければならず、ヘルマン・オーバーホイザーは忍耐の限界に達してしまいました。話によると、戦争が終わった後の穏やかな夏の夜、彼は甥のルイトポルト(同じく薬剤師)とその婚約者マレイユに、クナイプセンターの未来を自分たちの手で切り開かないかと尋ねたといわれています。その後、1948年5月20日、ヴュルツブルクの商業登記簿にゼネラルパートナーシップ(OHG)が登録され、クナイプ・ミッテル・ツェントラーレはエンゲル薬局から正式に独立することになりました。ヘルマン・オーバーホイザーとルイトポルト・ロイザーは、OHGのイコールパートナーでした。1951年、ヘルマン・オーバーホイザーの娘、エリカ・オーバーホイザーが父の後を継ぐことになります。

1951-1979

1958年、クナイプ・ミッテル・ツェントラーレ・ヘルマン・オーバーホイザーOHGは、第二次世界大戦後、ようやく最初の大きな節目を迎えました。巧みな経営と1950年代のドイツ経済の奇跡によって、新進気鋭の会社は、ヴュルツブルクのシュタインバッハタールにあった遠足用のレストランに移転することができるほどにまで強化されたのです。フランケン地方は、比較的乾燥した晴天の多い気候で、カモミール、バレリアン、セージなどの薬用植物にとって理想的な条件を何世紀にもわたって提供してきた土地であり、会社はこの地にしっかりと根を下ろしました。

この年、バート・ヴェリスホーフェンに「ヴェリサナ・ハウス」が設立され、シュヴァーベン地方の温泉街に住む人々がクナイプの教えに関する疑問や悩みを相談できる窓口ができました。その後、ルイトポルト・ロイザーが、同じヴェリサナハウスで年に2回、薬剤師や医師にクナイプの哲学、特にフィトテラピーを紹介するようになりました。


70年代に入ると、大ブームが始まります。植物の持つ自然の力に着目した製品は大変好評で、当時クナイプ界で日の目を見た同社初の入浴剤も登場しました。さらに、ロイサー夫妻とエリカ・オーバーホイザーは、1970年代以降、販売網を大幅に拡大し、薬局だけでなく、ドラッグストアや食品販売店でもクナイプ製品を購入できるようになりました。ヴュルツブルク・ハイディングスフェルトの新工場の建設もこの時期に開始されました。

1979-1996

1979年、ヴュルツブルクのハイディングスフェルト地区に新設された工場が稼働し、以後、オイルバス、バスソルト、植物ジュースが生産されるようになりました。これに伴い、オランダに子会社を設立し、初めて連邦共和国の外に進出しました。1970年代末には、いわゆる「ヴァルトハウス」に新しい処方をテストするための小さな入浴部門が設置され、新しい10年の始まりには、クナイプヘルスセンターが設立され、マッサージやクナイプ療法で訓練を受けた専門家の治療を受けることができました。

植物とその効果に関する研究が水面下で絶え間なく続けられていたことは、経済的な拡大にもかかわらず、会社の経営陣トリオにとって当然のことでした。そして、クナイプにとって、このテーマは1980年代に入ってから、さらに重要性を増していくことになります。1984年、社内にアナリティクス部門が設立され、そのわずか4年後には、シュタインバッハタールからハイディングスフェルトに移転し、この部門のために再び拡張されたのです。

セバスチャン・クナイプの仕事の原点も見失われることはなかった。1980年代初頭、バート・ヴェリスホーフェンにあった配送倉庫は、ルイトポルト・ロイサーの指揮のもと、すでに紅茶工場に改築されていた。1991年の大火災で工場は全焼したが、経営陣はシュヴァーベンという土地にこだわり、短期間で工場を再建させた。1年も経たないうちに、紅茶の生産は本格的に再開された。

アーモンドブロッサムジェントルオイルバスは、今日でも人気のある製品群の最初の製品で、数十年の間に順次拡大されてきました。クナイプの典型的な例ですが、開発者は、生前、貴重なアーモンドオイルを最高の言葉で賞賛した薬草学者の神父の教え、「スイートアーモンドオイルは、薬箱のオイルの中で最初の位置を占めるべきである」にインスピレーションを受けていました。こうして、セバスチャン・クナイプの遺産を守るだけでなく、ルイトポルト・ロイッサーの精神を受け継ぎながら、未来につながる製品が誕生したのです。1996年10月23日、ロイサーは、わずか4人だった会社を300人の従業員に拡大し、ヨーロッパ各国をはじめ、日本、韓国、アメリカにも輸出する会社を残してこの世を去りました。

1996-2001

1990年代末には、ルイトポルト・ロイザーの妻マレイユ、ヘルマン・オーバーホイザーの娘エリカ、姪のスザンネ・ベッカーとその夫フリッツ・ベッカーが経営を分担するようになりました。ヴュルツブルクからほど近いオクセンフルト・ホーヘシュタットに、中央倉庫を含む近代的な生産拠点を建設し、さらなる国際化を推し進め、品質管理、分析、研究開発、医薬品承認、医薬品のための研究所も、徐々にそこに移っていきました。

2001-2008

2001年、マレイユ・ロイサーとエリカ・オーバーホイザーが退社しました。スザンネとフリッツ・ベッカーは、クナイプを将来のさまざまな課題に対応させるため、同じ年に、伝統的で国際的な成功を収めている医療・衛生用品メーカーを迎え入れました。ハイデンハイムのポール・ハートマンAGは、当初80%、7年後には100%の株式を取得しました。

2002年と2003年にスザンネとフリッツ・ベッカーが引退した後、ハルトマングループの独立系企業の社長の座は、外部の専門家によって占められ、クナイプはさまざまな面でさらに発展し、ブランドの認知度も世界的に高まりました。 2005年には、ディートマーJ. サラインがクナイプ・ヴェルケの経営を引き継ぎ、その後、「Kneipp has been working.Since 1891」"に従って、ブランドの戦略的な方向転換を図りました。

クナイプ・ヴェルケの起源と創業者であるオーバーホイザー家の業績に対する感謝の意を込めて、2008年7月8日、エリカ・オーバーホイザーの立会いのもと、ホーシュタットのクナイプ工場を「Werk Oberhäußer」と命名しました。

2010

2010年9月、クナイプ初のショップがショッピングアウトレットにオープンしました。クナイプは2011年からドイツとオーストリアでステーショナリーショップを開くというコンセプトを実行しています。完全で大規模なクナイプの製品群を揃えたクナイプの直営店は、その後も順調に増え続けています。

2011

1951年にベネルクス、1996年にスイス、2008年に日本に子会社を設立した後、2011年にはフランスの自然派化粧品メーカー「キャティア・パリ」を買収するなど、国際化が進んでいます。

2013-2017

2013年2月、オクセンフルト・ホーヘスタットの敷地で、立地コンセプトの実施と全生産・管理部門の集中が始まりました。2014年からは、その年に「クナイプGmbH」とシンプルに社名変更した会社の全管理部門がそこに置かれています。


今日に至るまで、生産のほとんどはドイツで行われており、ハーブ薬、食品サプリメント、お茶、入浴剤だけでなく、泡、クリーム、アロマケアシャワー、足、体、手、顔用のローション、リップケア製品、アロマキャンドル、アロマスティックも、常に成長するクナイプシリーズに含まれています。


11年にわたり大成功を収めたディートマー・サレインは、2016年2月に定年退職を迎え、経営から退きました。彼はクナイプGmbHの経営委員長をクリストフ・ヒルシュマンに引き継ぎました。彼は、マネージングディレクター兼CFOの立場でフランク・タイタスによってサポートされています。


2017年、「アーモンドブロッスキンテンダー」製品シリーズは25周年を迎えました。この製品は今もなお、シリーズの中で最も成功している製品のひとつです。

2018-2020

2018年2月、アレクサンダー・C・シュミットがクナイプグループの経営を引き継ぎました。同社は、製品の専門知識、健康と福祉に関するノウハウ、セバスチャン・クナイプの用途に沿ったサービスアイデアの三位一体であるコアコンピタンスにおいて、デジタル化の進展とブランドの強化に重点を置いています。

Kneipp 2020は、サステナビリティの面で明確なシグナルを発しています。 同社は、野心的なマイルストーンを持つ新しいサステナビリティ戦略を採用しました。目標は、プラスチックからの脱却です。2000年代以降、クナイプはサステナビリティを一貫して発展させることに注力しており、2010年には部門間のサステナビリティワーキンググループが初めて開催されました。

2021

特別な年がやってきました。セバスチャン・クナイプは、2021年に生誕200歳を迎え、また、彼のブランドは創立130周年を迎えました。


130年前、ヴュルツブルクの薬局で始まったパートナーシップは、今や世界的に活躍する中堅企業へと成長しました。ドイツでは500人以上、世界では約700人がクナイプで働いています。 この歴史を踏まえて、クナイプはどのようなことを言うのでしょうか…。

こちらもご覧ください。

森に降り注ぐ陽光。

原材料から生産、包装まで

名前のない画像

セバスチャン・クナイプの洞察から学べること

バスタブでくつろぐ黒髪のおかっぱの女性。

ルイーゼンハルのこだわりの天然岩塩

青緑色の湯船に浸かる脚を俯瞰した図。

原材料から生産まで: